公正証書遺言の作成を専門家に任せる。

自筆証書遺言を自分で書くよりも、専門家に任せて公正証書遺言をのこすほうが、簡単かもしれませんね。

自筆証書遺言は、手軽につくることができますが
本当にそのとおりに実行されるのかどうか、不安があります。


“公正証書遺言の作成を専門家に任せる。” の詳細は »

美容院に行って、すっきりしてきました!

3ヶ月ぶりに、髪の毛をカットし、すっきり、さっぱりしました。

昨日は仕事がお休みでしたので、ベッドカバーのお洗濯などをし、
さて一息したところ、
「あっ、髪の毛を切りに行こう!」と思いたって、ネット検索。


“美容院に行って、すっきりしてきました!” の詳細は »

相続の業務を扱う法律の専門家とは?

それぞれの専門家によって、扱う相続業務の内容が異なります。

皆さまの直面している問題を解決し、
相続手続きを皆様の代わりに進めてくれる専門家とは、
どんな専門家がいるのでしょうか?


“相続の業務を扱う法律の専門家とは?” の詳細は »

相続人の中に未成年者がいる場合

遺産分割協議をする際に、母親は未成年の子どもの代理人になれるのか?

未成年者は、単独で遺産分割協議をすることはできませんので、
父親が亡くなって、母親と未成年の子どもが相続人になった場合は、
母親が代理して、協議をすれば良いのではないかと思いがちですが、
母親が自分に有利な内容にしてしまうなど、母親と未成年の子どもとでは
利害が対立する関係になるので、母親が未成年の子どもの代理となることは
できません。
ではいったいどうすれば良いのでしょうか?
“相続人の中に未成年者がいる場合” の詳細は »

親だけが相続するケースもあります

配偶者と子がいない場合の相続は誰がするのか

被相続人に配偶者も子もいないとき、その遺産は誰が相続するのでしょうか。
相続の権利は、配偶者と血族にあります。血族といっても、どれだけ遠縁でも際限なくその権利が発生するのではなく、限りがあります。また、その血族の範囲に入っていたからといって、必ずしも相続人になれるわけではありません。相続には順位が決められているからです。

では、前述の場合はどうなるのでしょうか。
“親だけが相続するケースもあります” の詳細は »

妻と子と孫の相続のことを紹介する

3世代の家族において代襲相続人が相続するケース

相続はその相続人の順位が決められています。
血族で、生計を共にし、家族として生活していても、必ずしも相続人になるとは限らないのです。

まず、被相続人が婚姻している場合子や孫の人数有無にかかわらず、配偶者の相続分は2分の1となります。次に相続の第一順位は子になるので、子の人数に係わらず残りの2分の1の遺産を平等に相続します。孫やひ孫が共に生活をし、生計の一部を担っていようとも、相続人になることはありません。
“妻と子と孫の相続のことを紹介する” の詳細は »

未成年の子が相続人となる場合

未成年者が相続人となった場合の法律行為

両親が亡くなり、子だけが残された場合、当然その相続人は子になり、その相続分は子が平等に分けて相続します。

これは、子が成人であるかどうかなどといった事に関係なく、平等に分けられます。その為、例え未成年者であってもその相続分に変わりはなく、両親の兄弟や、親などの親族が相続権を得ることはありません。
“未成年の子が相続人となる場合” の詳細は »

生前贈与分の算定をして相続の税金に臨む

遺贈や贈与を受けた時も相続分に組み入れなければなりません

相続分の算定をする時、遺贈、婚姻や養子縁組などや、生前贈与を受けたものなどを組み入れておかなければなりません。

そのうち、遺贈や贈与を受けたものに関しては、その分を相続分から差し引く(相続を先に受けたという捉え方)ことになります。但し、遺言で贈与分を相続分に算入しないよう定めてあれば、この限りではありません。
“生前贈与分の算定をして相続の税金に臨む” の詳細は »

相続税の効果的な節役とはこうなる

相続税における資産評価額の算出差額を利用した節税

誰もが税金を出来るだけ安くしたいと考えているはずです。しかし、税金を払わないようにするというと、ついつい節税を悪く捉えがちですが、「払うべきものを払わない」「行き過ぎた節税行為」ではなく適正なものであれば、節税は誰しもが持つ権利です。
“相続税の効果的な節役とはこうなる” の詳細は »